高橋なを子『白いピック』(郷土出版社)

歌ってよ 想い人よ
この世に奇蹟があるのなら
想い人のそばで一晩中 歌を聞いて眠りたい

難病に屈せず、華やかな感性を咲かせる著者、初の小説。
郷土出版社 定価:1,680円(本体1,600円)

亜希が大切にしているもの―色彩・音楽・言葉
天井に貼った木洩れ日の写真。草木染のシルクの小袋。
そして、テープの歌声で恋をした男から届いたギターのピック。


おらの作品が口絵に・・・!
言わずと知れた、広告のウラに描いたやつなんだけど。
こういうのを口絵に使うなんて、なを子さんたら大胆


信濃毎日新聞2005.4.25



信濃毎日新聞2005.5.25



生協カタログ(2005年9月1回目配達分)
inserted by FC2 system